Apple、iTunesやApp Storeのプライバシーポリシーを変更し、詐欺や不正防止のため、デバイスの信頼スコアを算定

なかなか分かりにくいのですが、Appleが、iTunesやApp Storeのプライバシーポリシーを変更し、詐欺や不正防止のため、デバイスの信頼スコアを算定するとVentureBeatが報じています。

デバイスの信頼スコアは、ユーザーが送受信した電話通話数や電子メール数、ロケーション情報、ダウンロードおよび購入履歴、店舗とのやりとりなどのなどデータを利用して、デバイスの信頼スコアを計算するとのことです。

このデータは一定期間、サーバーに保存されます。どのような方法で詐欺や不正防止するのか分かりませんが、電話やメールなどが使用されていないiPhoneやiPadからの購入が監視されるのではないかと考えられます。

しかし、一歩でユーザーのプライバシーが収集される不安も発生します。そのためにデータの収集方法は公開されていません。

(via MacRumors