「A12」チップのパフォーマンスは、「A11」とあまり変わらない!?

Greekbenchのサイトで、 Greekbenchアプリで「A11」と「A12」のパフォーマンスを比較した情報が公開されています。ただし、「A12」のデバイスは、iPhone 11,6と記載されているだけで、実際にどのiPhoneなのかは不明です。

パフォーマンスはシングルコアで、「A12」が4813、マルチコアで10206のスコアでした。「A11」は、シングルコアで4307、マルチコアで10800です。

メモリは、iPhone 8 PlusのRAMは3GB、クロック周波数は2.39GHz、iPhone 11,6は、RAMが4GB、クロック周波数が2.49GHzで、製造も11nmプロセスと7nmプロセスの違いがあります。また、L1キャッシュも32KBから128KBへと増えているのに今回のスコアは不思議な気がします。

ただ、今年の7月上旬にリークされた同じくiPhone 11,6のスコアも、今回とあまり変わりません。

ひょっとすると、今回のスコアは、今回のiPhone XS、iPhone XS Maxに搭載されている「A12 Bionic」とは、別物なのかも知れません。それは9月21日の発売日になってみないと分かりません。

7月上旬のリークは以下の記事です。