次期iPad Pro(2018)用ケースのリーク画像に不思議なリア・ホール

Slashleaksが、次期iPad Pro(2018)用ケースのリーク画像を公開しています。

不思議なのは、Lightningコネクタ用の切り抜きの上にあるリアの大きな穴の存在です。

次期iPad Proの10.5インチモデルは、Face ID搭載により、Touch IDも兼ねているホームボタンが廃止されることにより、スリムベゼル化され11インチディスプレイになる可能性があります。

Macお宝鑑定団は、以前に以下の記事のようにFace IDが縦向きにしか作動しないので、Smart keyboardは縦向きにした状態で利用されると報じました。

しかし、このケースには横にSmart keyboard用の切り抜きがあります。考えてみれば、縦向きのSmart keyboardの使用は辛いですし、iPad ProのFace IDは、横向きでも作動するという情報もあります。

以下が、OnLeaksがリークした次期iPad Pr本体oのCAD画像ですが、これにもLightningコネクタ上部にケースと符合する凹みがあります。

一体これは何なのでしょうか? 疑問は深まるばかりですが、これまでにない新機能が搭載されのでしょうか?

(via MacRumors