次期2018 iPad Proモデルは、丸みを帯びたディスプレイを採用か?

次期2018 iPad Proモデルでは、最新のiOSベータ版のアップデートでGuilherme Rambo氏がiPhone Xのような丸みを帯びたディスプレイのイメージを見つけました。

新しいiPad Proモデルのように見える問題のイメージは、UI要素の丸い角を作成するためのマスクとして使用され、iPhone Xで見られたのと同じ丸い角が特徴です.J3xxの名前は、2018年iPadモデルであです。

Rambo氏はiOSシミュレータで修正されたデバイスをセットアップして、iPad上のiOS 12が丸みを帯びたコーナーを持つタブレットでスプリットビューのマルチタスキングがどのように見えるかのデモンストレーションイメージを実証しました。

これまでの噂では、アップル社は2018年のiPad Proの主要なデザインオーバーホールを計画しており、ホームボタンを省き、薄型ベゼルを導入し、Face ID用のTrueDepthカメラシステムを採用することを提案している。

このデザインとiPhone Xとの類似点を考えれば、AppleはiPad Proにも丸みのあるコーナーデザインを導採用しても不思議はありません。現在のiPad Proモデルでは、ディスプレイに丸みのある角を使用しません。

(Via MacRumors