Apple、「Safari Technology Preview 61」を開発者に公開!(一般ユーザーも利用可能)

Appleが、Safari Technology Preview 61を開発者サイトで公開しています。一般ユーザーも利用が可能です。

Safari Technology Previewリリース61には、CSS、ダークモード、Web API、サービスワーカ、メディア、WebRTC、Webアセンブリ、Webインスペクタ、およびアクセシビリティに関するバグ修正と機能強化が含まれています。

現在、Safari Technology Previewには、macOS High Sierra用とmacOS Mojave用の2つのバージョンが提供されています。

Safari Technology Previewは、2016年3月に実験的ブラウザとして初めて公開され、開発プロセスに開発者やユーザーからのフィードバックを取り入れながら、最新のテクノロジーをテストするために公開されてます。Safari Technology Previewは、一度、開発者サイトでダウンロードすると、次回からはMac App Store経由でアップデートできるようになります。