MacBook Pro(2018)のGeekbenchベンチマークは、大幅スコアアップ!

Geekbenchの創設者であるJohn Poole氏によると、MacBook Pro(2018)は、1年前のモデルと比較して、2011年以降で最大のCPUパフォーマンスが向上していると述べています。

Geekbench 4のスコアは、最新の15インチモデルではシングルコア性能が12〜15%向上し、マルチコア性能は同等の2017モデルに比べて39〜46%増加しています。

最高4.9GHzの2.9GHzの6コアIntel Core i9プロセッサ搭載の新しい15インチMacBook Proは、最大4.8GHzのTurbo Boostを搭載し、マルチコアのスコアは22,439で、例えば2017モデルに対して44.3%増加しています。

最新の13インチモデルのGeekbenchスコアは、シングルコア性能が3〜11%、マルチコア性能が81〜86%と2017モデルに比較して性能が向上しています。

最高4.5GHzのクアッドコアIntel Core i7プロセッサ搭載の新しい13インチMacBook Proは、最大4.5GHzのTurbo Boostを搭載し、マルチコアの得点は17,557で、2017モデルに対して83.8%の増加を示しています。

Poole氏は、追加のコア、高いターボブースト周波数、DDR4メモリへの切り替えにパフォーマンスの向上をもたらしていると述べています。

2018 MacBook Proモデルは、15世代モデルで最大6コア、13インチモデルで最大4コアの両方を搭載する8世代のIntel Coreプロセッサを搭載しています。

興味深いことは、Poole氏が指摘するように、Touch Barモデルを搭載した新しい13インチMacBook Proは、2017年の15インチモデルと比較して、シングルコアとマルチコア両方の性能で競合しています。

Poole氏は、これらのGeekbenchスコアは予備的であり、今後数週間で上昇する可能性があると指摘しています。macOSは、新しいマシンではバックグラウンドでいくつかのセットアップタスクを数日間で完了します。これが終了すると一時的にパフォーマンスを低下させる要因が無くなります。

Appleは新型の15インチMacBook Proを2017年モデルに比べて最大70%速く、新型13インチモデルは最大2倍高速と宣伝していますが、MacRumorsには他のベンチマークでGeekbenchとは異なる結果が出るかもしれないと語りました。実際の使用状況でのパフォーマンスも変化します。

(via MacRumors