高度な3Dセンシングを備えたトリプルレンズリアカメラの搭載は、2019年のiPhoneに先送りか?

台湾の経済日報によると、2019年のiPhoneのリアカメラは、現在のiPhone XのフロントのTrueDepthシステムよりも「高度な」感知機能を備え、3倍レンズステレオスコピックイメージングが可能なシステムを導入するとのことです。

Bloombergは、Appleが2019年のiPhoneにリア・フェーシングの3D検知機能を組み込むことを目指していると報じていました。

当時、Appleは周辺環境の3D画像を作成するためにレーザーが周囲のオブジェクトから跳ね返るのに要する時間を計算するシステム評価していると言われました。

(via MacRumors

これまでは以下のような情報が流れていました。