Apple、次期iPhoneでは低価格LCDモデルの売上げを期待か?

Appleが、この秋に発売するiPhoneの新モデルは、5.8インチOLEDディスプレイのiPhone Xの後継モデル、新モデルとなる6.5インチOLEDディスプレイのiPhone X Plus、そして、低価格版の6.1インチLCDモデルの3モデルとなる見込みです。

The Wall Street Journalによると、Appleが、6.1インチLCDモデルを発売するのは、価格に敏感なユーザーへ向けてだと述べています。

新LCDのiPhoneは、Face IDを採用し、ステンレスフレームではなくアルミフレームを採用し、リアカメラもシングルレンズを採用し、コストダウンを図っています。

Appleの計画では、2019年において発売される新モデルでもLCDモデルを1機種発売する可能性が高いとのことです。

また、Appleは、この秋以降も、引き続きiPhone 7、iPhone 8、iPhone SEを新モデルと並行して発売し、iPhone Xがフラッグシップモデルになるとしても、トータルとしてはLCDモデルが大きな売上げを占める可能性が大きいようです。

(via MacRumors