Apple、2019年発売のiPhoneで「Lightning」の代わりに「USB-C」をサポートか?

DigiTimesによると、Cage Chao氏とJessie Shen氏が、Appleのサプライチェーン内の情報源からの話として、次世代のiPhoneとiPadデバイス用に充電器と関連インターフェースを再設計しており、2019シリーズのiPhoneにはUSB Type-Cサポートされる可能性が高いと述べています。

もしこれが本当ならば、非常に嬉しい話ですが、懐疑的になる要素もあります。
すでにAppleは、Lightningケーブルを使用して。USB-Cの電力供給アダプタによる高速充電が可能です。

情報源によると、Appleは2018年後半に発売予定の次世代iPhoneシリーズでType-Cインターフェースを採用する予定でしたが、Appleはまだ設計段階にあり、今年のiPhoneには搭載できないと主張しています。

この話の信憑性は不明で、実のところ、2019年のiPhoneに18WのType-Cインターフェースを持った電源アダプタとそれに対応したLightningケーブルが付属するだけの話かもしれません。

(via MacRumors