6.5インチ「iPhone X Plus」と6.1インチLEEの「iPhone」のレンダリング画像と寸法図

Appleは、現在のiPhone Xの後継モデルに加えて6.5インチ「iPhone X Plus」と6.1インチLEEの「iPhone」の2モデル、計3モデルを今年発売するとの予想が有力です。

ロシアのサイトWylsa.comは3つのデバイスのデザインとサイズの違いを示す寸法図とレンダリング画像を公開しています。これらは、ケースメーカーから入手した画像のようです。

現在のiPhone Xのサイズは、70.9mm(幅)×143.6mm(高さ)×7.7mm(厚み)です。

以下が新iPhoneの寸法です。

『6.1インチのiPhone』75.72mm(幅)×150.91mm(高さ)×8.32mm(厚み0

『6.5インチのiPhone X Plus』77.41mm(幅)×157.53mm(高さ)×7.68mm(厚み)

(via MacRumors