Bloomberg、今年のWWDC 2018では新しいハードウェアは発表されず、ソフトウェアの発表が中心

Bloombergによると、今年のWWDCでは、昨年のWWDCで10.5インチのiPad Proなどの新しいハードウェアが発表されたの比べて、ソフトウェアの発表が中心となると述べています。

Appleのハードウェアについては、しいIntel社のチップを搭載したMacBook Proや12インチMacBook、MacBook Air、Face IDを搭載したiPad Proについては、今年の後半の発表になるとのことです。

では、今年のWWDCは何が発表されるのかということですが、Appleは、現在、iOSとmacOSのクロスプラットフォーム開発環境の構築に取り組んでいて、その発表は来年になる見込みです。

しかし、今年においては、Mac上でiOSアプリを動作させることができるようになる可能性があります。ほかには健康管理の充実、通知管理機能、マルチプレイヤーゲーム機能を備えたARKit 2.0が発表される見込みで、斬新な発表は来年になる見込みです。

トピックとしては、次期Apple Watchとして、初めてディスプレイサイズを変更して、エッジツーエッジの少し大型のディスプレイを搭載するとの情報も流れています。

(via 9 to 5 Mac