Apple、次期iPhoneにホテルのルームキーにも利用できる新しいNFCを搭載

日本では、すでにFeliCaチップが搭載されているめ、電車賃の自動支払いに利用できるようになっていますが、Appleは、NFCの機能を拡張することにより、世界的に電車賃の自動支払いなどに利用されるようにしたいようです。

The Informationによると、現在のNFC APIの主な欠点は、アプリをフォアグラウンドにする必要があり、アプリがスキャンを開始するために特定のシステムモーダルシートをフォアグラウンドで表示しなければならないことです。

Appleは、これを改善し、iPhoneは非接触端末の近くに置かれると自動的に起動するようにし、電車賃の自動支払いやホテルのキーロックに使用できるようにiOS 12と次期iPhoneで改善を施す予定です。

一部のホテルは、Bluetoothプロトコルを使用して、ドアキーとしてのiPhoneの簡単な「非接触」のアクティブ化を既にサポートしていますが、これはNFCより安全性が低いといわれています。

(via 9 to 5 Mac