iOS 12のApple Musicがこうなったら?

グラフィックデザイナーのÁlvaroPabesio氏が、自分が好ましく思う再生履歴などが表示されるApple Musicのコンセプトデザインを公開しています。

Pabesio氏はライブラリタブを改良し、プレイリスト、アーティスト、アルバム、曲の垂直リストを削除し、スクロールできる水平タブバーを導入しました。

この変更によりさらに多くのスペースが確保されているので、ライブラリのプレイリスト、ステーション、アーティスト、個人的なミックスのために、毎日新しい提案がポップアップされます。

各ユーザーのページには、その曲の再生回数、フォロワー数、および他のユーザーにアクセスしたときに、音楽ソーシャルネットワークLast.fmと同様の味の比較グラフが表示されるようになりました。

Apple Musicのプロフィールは、ユーザーが聴いた最新のアルバムやプレイリストを表示するのではなく、個別に再生された曲を表示するようになりました。

ソーシャル機能の拡張では、新しいグループプレイリスト機能であるため、最大50人の友人と公開または非公開のプレイリストを作成できます。

(via MacRumors