次期iPhone X、トリプルレンズで3倍の光学ズーム機能を搭載か

 

Yuanta Securitiesのアナリスト、ジェフ・プー(Jeff Pu)氏を移用した台北タイムズによると、Appleは来年の後半に3枚のレンズ付きリアカメラを搭載した新しいiPhoneを2019年に発売する可能性が高いということです。

先月の経済日報の中国のレポートによれば、カメラシステムは最大5倍のズームと少なくとも1つの12メガピクセルのレンズを搭載した6Pレンズデザインを持つ可能性があります。

5倍ズームの話は分かりませんが、3枚目のレンズを追加することで、初めてiPhoneで3倍の光学ズームが可能になります。ファインダー内の画像をデジタルズームのようなぼやけた縮小なしで最大3倍まで拡大することができます。

現在、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、およびiPhone Xモデルは、2倍の光学ズームを備えています。

3連レンズのリアカメラは、おそらくAppleのハイエンドのiPhone用に採用される機能なので、おそらく第3世代のiPhone Xおよび/またはiPhone X Plusに搭載され、2019年9月に発馬されます。

(via MacRumors