Apple、MacBook Air Retinaディスプレイモデルの量産延期をサプライチェーンに通知

 

6月のWWDC 2018頃に発売が期待されていたMacBook Air Retinaディスプレイモデルについて、Appleがサプライチェーンへ、量産延期を通位しました。

Digitimesによると、量産は2018年の後半になる模様ですが、明確な時期は明らかになっていません、

これまで台湾のEconomic Daily Newsが、MacBook Airの価格を799ドルから899ドルのより手頃な価格のバージョンに取り組んでいると述べています。

また、Bloombergによると、Appleが1,000ドル以下の新しいMacBookに取り組んでいると主張していますが、それがMacBook Airファミリであるのか、MacBookラインの新しい1,000ドル以下のマシンであるのかは、明確ではありません。

(via MacRumors