Apple、「AirMac」ワイヤレスルーター製品群の販売を打ち切る

Appleは2012年(Express)から2013年(Extreme and Time Capsule)以降、AirMac製品をアップデートしていません。

その理由として2016年の後半にAppleはAirMac担当エンジニアが他の製品に移動し、開発が中止されたことが分かりました。(via iMore

AppleのAirMacベースステーションは、AirMac ExpressのTime CapsuleおよびAirPlay機能に組み込まれたTime Machineバックアップのサポートなど、サードパーティのオプションでは利用できない独自の利点を提供していたので、Appleファンとしては残念です。

これによりAppleは、サードパーティー製の802.11ac対応、デュアルバンド対応、WPA2パーソナル暗号化、MIMOまたはMU-MIMOを提供するルータを推奨しています。

(via MacRumors