6.1インチLCDの新iPhoneには、3D Touchが搭載されない可能性が大!

 

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏によると、6.1インチの新iPhoneは、これまでのiiPhoneのタッチモジュールディスプレイパネル(セル内技術)ではなく、「Cover Glass Sensor」(CGS)技術と呼ばれるものを使用されるということです。

この技術は、より軽く、より耐衝撃性のあるディスプレイになることがメリットです。

Appleは、CGSのタッチフィルムセンサーに薄膜センサーを追加しますが、新しいレイヤーの目的は不明です。しかし、これはタッチパネルのコストは15%上昇し、購入価格が23〜26ドル高くなります。

Appleは、この新しいディスプレイのコスト増を相殺するために、Kuo氏はAppleが6.1インチiPhoneの3D Touch機能を削除すると考えていると述べています。

Appleは、2019年のOLEDモデルを含む将来のiPhoneにCGSディスプレイ技術を組み込む予定であるため、3D Touchは将来のすべてのiPhoneから削除される可能性があります。

おそらく、3D Touch機能が、あまり使用されていないという事実があり、これがAppleの判断につながっていると思われます、

(via MacRumors