Apple、近い将来、watchOSにサードパーティ製文字盤を追加できる機能を搭載

Apple Watchが発売されて以来、開発者は独自の文字盤を作成する機能を求めてきました。

現在、Appleだけが文字盤を提供しています。サードパーティの文字盤がない理由は、できるだけ多くの人が経験やブランドをコントロールしたいというAppleの考え方です。

しかし、9 to 5 Macによると、watchOS 4.3.1 betaで見つかったコードは、この方針が、将来変更される可能性があることを示唆しています。

文字盤を実装するNanoTimeKitフレームワークのコンポーネントにサードパーティが文字盤を追加できると思われるコードが発見されました。

この機能は現時点では、正式に公開されていませんが、Appleがこの機能を計画していることは間違い無いと考えられます。

(via 9 to 5 Mac