Twitter、サードパーティ製「Twitterアプリ」のプッシュ通知などを不可能にするAPI変更を予定

Tweetbot、Twitterrificなど多くのサードパーティ製「Twitter」アプリは、Twitter社が提供するAPI(アプリケーションインターフェイス)を使用してサービスを提供しています。

しかし、Twitterは6月19日、サードパーティのアプリケーションで使用されるいくつかのストリーミングサービスAPIを削除する予定です。

これらのAPIを無効にすると、サードパーティのTwitterアプリがプッシュ通知を送信したり、Twitterの予定表を更新したりすることができなくなります。

サードパーティは、これらを実装するためのAPIを削除しないか、代わるものを用意してくれるようTwitterに要望していますが、Twitter側は対応する姿勢を見せていません。

ほかにも問題なのは、TwitterがストリーミングAPIを新しいベータテスト中のAccount Activity APIに置き換えていますがが、サードパーティの開発者にはアクセス権が与えられていないことです。

(via MacRumors