Apple、Intelのチップから、独自のMac用カスタムチップ(CPU)に移行予定!

 

Appleが、独自開発のカスタムチップ(CPU)へ移行することを計画していることがBloombergの報道で明らかになりました。

Intelのチップを採用している限り、Intelの製造スケジュールに左右されることに加え、Appleが重視しているのは、コードネーム「Kalamata」と呼ばれるMac、iPhone、iPadsアプリを同時に開発できる開発環境の導入のためのカスタムチップです。

開発者が単一のアプリを開発すれば、macOSでもiOSでも動作するというのは、開発者にとって魅力的です。

カスタムチップにより、Appleは独自のスケジュールで製品開発をすることができ、製品開発をスピードアップすることができます。

Appleはすでに、「A」シリーズのモバイル用チップ、 iMac Proのシステム管理コントローラ「T2」などを導入しています。

Mac用のカスタムチップの導入時期は明らかではありませんが、WWDC 2018でおそらくコードネーム「Kalamata」が発表されるので、そう遠くない時期、2020年頃までにカスタムチップ搭載のMacが発売されるのではないでしょうか。

(via MacRumors