Apple、Siriの改善のために人材を大量募集

 

Appleの音声アシスタントであるSiriは、AmazonのAlexaやGoogleのGoogleアシスタントにその能力で差を付けられていると多くの専門家は述べています。

Appleは、実はスマートフォンに音声アシスタントを搭載したパイオニアですが、それ以降、開発に後れをとってしまいました。

HomePodのようなホームスピーカーの普及やウェアラブルデバイスの販売が増えていくと、音声アシスタントの占める位置は特に重要になります。

そこでThinknumが。Appleの求人データを追跡したところ、3月末で161件もSiri関連の求人があったとのことです。

この2週間で急増しているとのことです。勤務地は多くは本社のあるSanta Clara Valleyですが、サンフランシスコ、上海、ケンブリッジなどのもあります。

また求人のほとんどが、ソフトウェアエンジニアリング部門だとのことです。

(via 9 to 5 Mac