Androidユーザーは、iOSユーザーよりも忠誠心が高い!?

CIRPが、モバイルOSに関する忠誠心(ロイヤリティ)調査レポートを公開しました。

Apple製品やサービスは、ユーザーの強い忠誠心を生み出すことが知られてきましたが、Androidも確実に忠誠心を高めています。

CIRPのレポートによると、Androidを使い続ける忠誠心は91%だったのに対し、iOSは86%で5ポイント遅れをとりました。

このデータでは、iOSでは85%〜88%、Androidでは89%〜91%の範囲の忠誠心が確認されています。

この調査によるとユーザーは、OSを選んでスマートフォンやタブレットを購入しますが、すでに市場には、実質的にAndroidとiOSかないため、いずれかを購入すると基本的にそのOSを使い続けるということが分かりました。

このデータから見て、Appleが、Androidアプリに慣れたユーザーを取り込むことが容易でないことが分かります。また、Apple製品は高価なため、逆に安価なAndroidにユーザーをとられていることが分かります。

Appleは、伸び悩む市場シェアを確認するには、今後大きく注目される製品やサービスを投入しなければなりません。

(via 9 to 5 Mac