Apple、「Safari Technology Preview 48」を開発者に公開!バグ修正と機能改善(一般ユーザーも利用可能)

Appleが、Safari Technology Preview 48を開発者サイトで公開しています。一般ユーザーも利用が可能です。

Safari Technology Previewリリース48には、Storage Access API、SVG、Service Workers、CSS、Web API、レンダリング、Webインスペクタ、Webドライバ、WebRTC、JavaScript、およびWebAssemblyのバグ修正と機能強化が含まれています。今日のアップデートでは、ユーザーの同意なしに情報を共有できないように、ユーザー名とパスワードの自動入力とページの読み込みも無効になっています。

現在、Safari Technology Previewには、macOS High Sierra用とmacOS Sierra用の2つのバージョンが提供されています。

Safari Technology Previewは、2016年3月に実験的ブラウザとして初めて公開され、開発プロセスに開発者やユーザーからのフィードバックを取り入れながら、最新のテクノロジーをテストするために公開されてます。Safari Technology Previewは、一度、開発者サイトでダウンロードすると、次回からはMac App Store経由でアップデートできるようになります。