Apple、ビッグデータを分析する「データサイエンティスト」を雇用

Bloombergによると、Appleは、Silicon Valley Data Scienceという企業からビッグデータを分析するデータサイエンティストのチームを雇用したとのことです。買収かどうかは分かりませんが、この企業のCEOもAppleに雇用されたと言うことです。

Silicon Valley Data Scienceは、2013年に設立され、大企業にデータ分析を提供し、予測、運用効率、顧客関係を改善しています。

Appleは、この雇用を認め、数十人の社員を雇用したとのことです。Bloombergによると雇用した「データサイエンティスト」は、広告関連の分析に従事するとのことです。

(via 9 to 5 Mac