AppleのWebKitチーム、Webアプリケーションのペンチマークアプリ「Speedometer 2.0」を公開!

AppleのWebKitチームが、Webアプリケーションをペンチマークするアプリ「Speedometer 2.0」を開発者向に公開しています。

「Speedometer 1.0」は2014年に公開されたので、約4年ぶりの新バージョンのリリースです。

「Speedometer 2.0」にはこれまでサポートされていなかった最新のJavaScriptフレームワークとライブラリに対応しています。

過去3年の間に、ユーザーインターフェイスを作成するためのJavaScriptライブラリであるReactを使用したサイトが増えています。また、PreactやInfernoなどのデリバティブも人気を集めていますし、WebpackとRollUpといったJavaScriptモジュールにも対応しているとのことです。

内容の詳細やダウンロード以下のリンクをご覧ください。

WebKit → Speedometer 2.0: A Benchmark for Modern Web App Responsiveness

(via 9 to 5 Mac

参考:WebKitは、Safariに搭載されているウェブレンダリングエンジンです。