Facebook、音楽分野に力を入れるため、2件の大型契約を締結

Bloombergによると、Facebookが、YouTubeがソングライターやアーティストに適切な収益の配分をしていないと批判しているGlobal Music Rightsとライセンス契約を締結しました。

また、今週月曜日には、Sony / ATVとの複数年ライセンス契約を締結しいます。

これらの契約により、Facebook、Instagram、Oculus Riftプラットフォーム上で、Pharrell、Drakeほかの有名アーディストの楽曲をが利用できます。

Facebookは昨年末、ユニバーサル・ミュージック・グループとの複数年契約も締結しているため、Facebookは、Watchプラットフォームで自社のSNSに音楽をミックスして、さらなる発展を目指しているようです。

(via 9 to 5 Mac