シャープ、ジャパンディスプレイ、LGディスプレイがiPhone用OLEDディスプレイの受注競争を展開!

Samsungは、2017年におけるiPhone X用のOLEDディスプレイパネルの独占サプライヤーでした。

しかし、2017年にはAppleからの支援を受け、LGディスプレイがOLED製造施設に何十億ドルもの投資を行い、2018年から供給開始される見込みです。

その投資は、5.8インチと6.5インチの2つの新しいiPhoneモデルを含んでいると予想され、Samsungは、5.8インチのパネルを供給すると見られています。

現在、Samsung、LGディスプレイに加えて、Foxconn傘下のシャープ、それにジャパンディスプレイがOLEDディスプレイの供給サプライヤーに加わるため、両社は2018年第2四半期にディスプレイを生産する準備を進めています。

DigiTimesの情報筋によると、昨年初めの状態とは対照的に、OLED生産設備に大規模投資するアジアのサプライヤーにより、今後は確実にパネルの過剰供給につながるだろうと予測しています。

(via Digitimes