Appleの罪!?

Appleは、現在、多くの不毛な集団訴訟に直面します(当記事一番下の関連記事)。その判決は予想できませんが、Appleはとりあえずユーザーの怒りを静めるために、通常は、8,800円するiPhoneのバッテリー交換を3,200円で2018年12月まで行うとしています。これはAppleにとって大損失です。

今回の問題と発端なったiOS 10.2.1は、2017年1月24日(水)に正式に公開されました。

iOS 10.2.1のアップデート内容の説明は以下の通りでした。

iOS 10.2.1にはバグの修正およびiPhoneまたはiPadのセキュリティの問題の改善が含まれます。

たったこれだけの説明で、バッテリー持続問題に対する説明は全くありません。

当時は、iPhoneのクラッシュ問題も話題になっていた頃で、その解決法として、パフォーマンスを落とすプログラムをAppleが密かに導入されているとは、誰も夢にも思いませんでした。

それまでもバッテリー持続時間の問題が、何度か発生していましたが、どのような修正をしていたのか疑惑が向けられるかもしれません。

筆者は、Appleの製品が大好きですが、やはりApple製品を愛するユーザーのためにAppleはユーザーに対して誠実であって欲しいと思います。

今回の問題も、iOSのアップデート時に「パフォーマンスが落ちる場合がある」と一言アナウンスさえしてくれていれば、何の問題も起こりませんでした。

大好きなAppleだけに、今後は情報公開を積極的に行って欲しいと思います。