Google、Appleのトップモバイルチップデザイナーを引き抜き!独自チップの開発

The Informationによると、検索巨人Googleは、Appleのチップチップの専門家であるJohn Bruno氏を雇ったとのことです。

同氏は、2012年以来、iPhone向けのARMベースのモバイルチップ開発に取り組んできました。Appleの採用前はATIテクノロジーズとAMDで働いていました。

Bruno氏は、ここ1年間でAppleからGoogleへ移籍しているManu Gulati氏、Wonjae(Gregory)Choi氏、Tayo Fadelu氏と共に働きます。

Google による一連のAppleのチップデザイナーの獲得は、Pixelスマートフォンのために自社ブランドのチップを作ることを目指している可能性が高いことおを示しています。

(via MacRumors