Apple、AirMacベースステーション ファームウェア・アップデート 7.6.9と7.7.9を公開

Appleが、AirMac Express、AirMac Extreme、AirPort Time Capsule向けにAirMacベースステーション ファームウェア・アップデート 7.6.9と7.7.9を公開しています。

7.7.9アップデートは802.11acのWi-Fiベースステーションで利用でき、7.6.9アップデートは802.11nのWi-Fiベースステーションで利用できます。

サポートドキュメントによると、修正の内容はKRACK Wi-Fiの脆弱性への対応やセキュリティが強化されているとのことです。

ファームウェアのアップデートは「AirMacユーティリティ」アプリで行います。アップデートについての内容等は以下のドキュメントに記載されています。

About the security content of AirPort Base Station Firmware Update 7.6.9

About the security content of AirPort Base Station Firmware Update 7.7.9

(via MacRumors

※「AirMac」は日本以外では「Airport」と呼ばれています。日本ではすでに「Airport」が商標登録されていたため「AirMac」という名称が使用されています。