Apple製品(iPhone、iPad、iPod Touch、MacBook)のバッテリー寿命と持続時間を最大化する方法(サポートドキュメントから)

Apple Supportが、Twitterでサポートドキュメント「Maximizing Battery Life and Lifespan」(バッテリー寿命と持続時間の最大化」を紹介しています。

そのドキュメントでは、一般的なApple製品のバッテリー寿命や持続時間を最大化する方法を説明しています。

【全般】

「一般的ななパフォーマンスのヒント」としては、まず、ソフトウェアを最新にすることです。

次にあまり低温や高温の環境ではバッテリーに影響を与えるので、過酷な環境での使用は避けることです。(充電中に熱が溜まるようなケースは外して充電してください)

iPhone、iPad、iPod Touchの使用上最適な温度は0度から35度まです。MacBookは10度から35度までは最適の使用環境になっています。

バッテリーの寿命を保つための保管時の温度は、iPhone、iPad、iPod Touch、MacBookのすべてが-20度から45度です。、

長期保管する場合は、50%まで充電した状態で保管するのが良いとのことです。6ヶ月以上保管する場合は、6ヶ月に1度50%まで充電してください。

【iPhone、iPad、iPod Touch】

iPhone、iPad、iPod Touchでバッテリー持続時間を最大化する効果的な方法2つです。

・それは、できるだけディスプレイの輝度を下げることです。これはコントロールセンターでも「設定」−>「画面表示と明るさ」でも調整できます。明るさの自動調整はオンにしておきます。

・もう一つは、セルラーをできるだけ使用せずに、Wi-Fiが移用できるシーンではWi-Fiを使用することです。

・また、どうしても長持ちさせたい場合は、事前に「設定」ー>「バッテリー」で「低電力モード」をオンにします。

同じ設定画面で各アプリのバッテリー使用状況が確認できます。

ほかにも以下の方法があります。

・「設定」−>「一般」−>「Appのバックグラウンド更新」をOFF

・「設定」−>「プライバシー」−>「位置情報サービス」をオフにすることです。(同じ画
面で個別に設定できます)

・電話は受けることができなくなりますが、「設定」で「機内モード」をオンにすることです。