Apple、「プログラミングを学ぶHour of CodeをApple Store全店で開催」とアナウンス!

Appleは本日、12月4日~10日の期間にApple Store全店で開催する無料プログラミングセッション「Hour of Code」の予約を開始しています。

このプログラミングセッションは、Swift言語をできるだけ簡単に学べるように下iPadアプリケーション「Swift Playgrounds」を使用して行われます。

Appleは、その「Swift Playgrounds」にを誰もが世界最高レベルのアプリケーションを作るのに利用できる、Appleのプログラミング言語Swiftの教育に役立つ「Everyone Can Code」カリキュラムを対象とした、教職員向けの新しい教材も追加したとのことです。

Appleが新たに打ち出したEveryone Can Codeカリキュラムには、Swift Playgroundsの新しい課題を中心とする無料のHour of Codeガイドが含まれ、これにより、学校の授業、各地のコミュニティセンター、放課後プログラムの場で、簡単にプログラミング教育を始めることができます。学校側で、Swift PlaygroundsアプリケーションとHour of Codeガイドをダウンロードすれば、いつでも簡単に、独自に1時間分のHour of Codeイベントを開催できます。

Apple → Apple、プログラミングを学ぶHour of CodeをApple Store全店で開催

「Swift Playgrounds」なアプリケーションが出て来て、幼い頃からプログラミングに親しめる今の子供たちは幸せですね。