日本通信、ソフトバンクのiPhone用SIM「おかわり課金方式」を機能強化すると発表!

日本通信が、ソフトバンクのiPhone用SIM「おかわり課金方式」を機能強化と発表しました。

日本通信は、b-mobile Sスマホ電話SIMでは上限5GBまで、b-mobile S 990ジャストフィットSIMでは上限10GBまでを「おかわり課金方式」で使えるようになっていました。

これは使用した分だけ支払うという無駄のないプランでしたが、これを超える分については、プラスの課金があり、もっと大きな容量にして欲しいとの要望があったそうです。

それに対して今回の「おかわり課金方式」を機能強化のでは、高速通信の上限を15GBまでに増加し、しかも5GBから15GBまで1GB単位で自分で上限を設定できるようになりました。

これによって自分のニーズに合わせて大きな容量を無駄なく使えるようになります。

詳しくは、以下の日本通信の公式ページをご覧ください。

日本通信、「お客さまにとって最適なプラン」をつくれる機能を提供開始 -ソフトバンクのiPhone用SIM「おかわり課金方式」を機能強化―