HomePodの初期モデルは約90センチもの高さがあるオーディオスピーカー、試行錯誤で現在の形態に!

Appleのオーディオエンジニアリングチームは、過去5年間で複数のスピーカープロトタイプをサイドプロジェクトとして開発してきたとBloombergが伝えています。

HomePodはもともと、約5年前にBose、JBL、Harman Kardonなどが販売していたスピーカーよりも優れたスピーカーを作ろうとしていたMacオーディオエンジニアのグループによるサイドプロジェクトでした。

初期のプロトタイプの1つは3フィート(約90センチ)の高さで、現在のホームポッド(約17センチ)の約5倍の高さを持ち、数十のスピーカーが装備されていたとのことです。別のものは、正面にメッシュスクリーンを備えたフラットパネルのように見えるものもありました。

サイドプロジェクトは数回キャンセルされては、復活したと伝えらています。 2014年からはワイヤレスのAirPodsで動作するAppleのアクセサリー部門でスピーカーの開発が始まりました。

今年の時点で、HomePodは、iPhoneのようなコアな製品ではなくAppleのSiriチームが取り組んでいた4つか5つのアクセサリ領域の1つに過ぎません。

AmazonのEchoの立ち上げにもかかわらず、Appleは、パーソナルアシスタントのSiriではなく高品質のスピーカーに焦点を当てています。
これはAppleのマーケティング責任者、フィルシラー氏が登壇した6月のワールドワイドデベロッパーズカンファレンスでも、オーディオ製品として扱われました。

HomePodは、Siriで操作されますが、今のところはAmazonのEchoのようなパーソナルアシスタントとして位置付けられていはいません。

(via MacRumors