Apple、2018年4月1日から、「watchOS 1」向けアプリのアップデート受付を中止すると発表

Appleが、開発者サイトで2018年4月1日から、「watchOS 1」向けアプリのアップデートを中止すると発表しています。

それ以降は、watchOS 2 SDK以降で構築されたネイティブアプリでなければApp Storeで受け付けられません。

最新のwatchOSアプリケーションの作成には、watchOS 4 SDK以降で構築する必要があります。

watchOS 4では、watchOSアプリケーションのサイズ制限が50 MBから75 MBに増加しています。

Apple → Update Your watchOS Apps