Apple、インドの規制当局からのアンチスパム・アプリ開発の協力依頼にプラバシー保護の観点から苦悩

インドでは、マーケティングの迷惑電話と迷惑な商用テキストメッセージが大きな問題となっています。ロイターによると、これをブロックするためにTRAIの「Do Not Disturb」アプリは、昨年からAndroidで利用でき、モバイルユーザーは10万回以上ダウンロードしているとのことです。

AppleもiPhoneの使用において、この迷惑電話やメッセージを排除するためにiOSアプリにおいて「Do Not Disturb」アプリの開発支援を規制当局から求められています。

協力を求められているアプリでは、ユーザーが迷惑電話とテキストメッセージログを関係機関と共有し、関係機関はデータをモバイル事業者に送信してスパマーをブロックすることができます。

しかし、Appleにとって悩ましいのは「Do Not Disturb」アプリがユーザーに連絡先へのアクセスとテキストメッセージへのアクセスを許可することです。

これにより、規制当局や関係機関にユーザーのプライバシーが漏れてしまう可能性があるため、Appleは、プライバシー保護の範囲内で協力しようとしており、一部で非協力的な姿勢をとっています。

Appleはインド政府との協力でインド国内で製造工場を設立するなど、税制改革を含む経済的支援も交渉していますが、Appleがアンチスパムソフトウェアの全面的協力を拒否したことにより、これまでの交渉がマイナスの影響を受ける可能性があります。

(via MacRumors