Face ID搭載 次期iPad Pro(2018年モデル)の予想デザインとスペック

すでにBloombergが、2018年に発売されるiPad Proには、iPhone Xで採用されたFace IDが搭載されると伝え、すでに既定路線となっています。

その次期iPad Pro(2018年モデル)について、iDropNewsがイメージ画像と予想スペックを述べています。

【デザイン&ディスプレイ】
薄型ベゼルとエッジ・トゥ・エッジ・ディスプレイを組み込むだけでなく、iPhone Xのようにホームボタンはなくなります。

【OLEDは非搭載】
コスト面や生産体制を考えるとOLEDディスプレイの搭載は見送られると考えられます。Samsungが現在、AppleのOLED供給業者であり、LGなどの他サプライヤーが低コストで生産できるようになるまでは見送られると考えられます。

【Face ID、Animojiほか】
また、次期iPad Proには、Face ID、Animoji、その他の主要3DおよびAR画像機能が組み込まれる見込みです。大画面でのAnimojiやARどのように表現されるのかの期待が高まります。

【CPU】
AppleがデザインしたカスタムGPUユニットに加えて、次期iPad Proモデルがさらに強力なプロセッサーを搭載していると考えられます。iPhone Xの「A11 Bionic」が、iPad Proでは「A11X Bionic」になるのでしょうか。

【ノッチ】
iPhone XのノッチはTrueDepthカメラのような高度なコンポーネントを格納するためにディスプレイにくぼみが生じています。
しかし、iPad Proの場合は上部のベゼル内に組み込まれ、ノッチはないと考えられます。

【ワイヤレス充電は非サポート】
iPad Proが、iPhone 8やiPhone Xのようなワイヤレス充電機能を搭載することはほとんど考えられません。iPad Proのバッテリー容量を考えると、強力なワイヤレス充電が必要ですが、まだその技術は確立されていません。

【耐水性】
次期iPad Proは、耐水性を持つ初めてのiPadになる可能性があります。

【価格】
Face ID搭載により多少価格が上がる可能性がありますが、iPhone Xのように高価なOLEDディスプレイを採用していないので、それほど大きな価格上昇は無いと考えられます。