Apple、iOS 11.2 beta 2をパブリックベータ・プログラム登録者に公開!米国内で「Apple Pay Cash」が利用可能に

Apple、iOS 11.2 beta 2をパブリックベータ・プログラム登録者に公開しました。

これにあわせてiOS 11.2 beta 2とwatchOS 4.2 beta 2において、米国内で個人間で送金ができるApple Pay Cashが利用可能になっています。

Apple Pay Cashは、メッセージアプリを介して動作し、現金は、iPhoneのウォレットに登録されたデビットまたはクレジットカードを使って送金することができます。

個人が受け取った現金は、ウォレットのApple Pay Cashカードに保存され、購入に利用したり別の銀行口座への送金が可能です。クレジットカードによる現金の送金は3%の手数料でデビットカードからの現金の送金は無料となっています。

iOS 11.2 beta 2で確認されているほかの新機能は、App Storeで販売されているアプリにおいて、自動更新可能なサブスクリプションを新規ユーザーにディスカウント価格で手提供できる機能です。

それ以前のiOS 11.2 beta 1では、「計算器」アプリの不適切な計算の原因となるアニメーションの問題の修正、コントロールセンターのApple TVのコンテンツをコントロールする新しいNow Playingオプション、カメラ絵文字のデザイン変更、ライブフォトエフェクトの新しい読み込みアニメーションが確認されています。

iOS 11.2 beta 2は、Apple Beta Software Programに登録することによって入手できます。

(参考:MacRumors