2018年に発売されるiPhone Xの後継機には、セルラー信号伝送を改善するために「より複雑な」金属フレームを採用

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏によると2018年にリリースされるiPhoneには、データ伝送品質を向上させるための「より複雑な」メタルフレームデザインとケーシングアセンブリが採用されると予想しています。

同氏によると、Catcher TechnologyとCasetekが、2018年発売のiPhoneに採用されるメタルフレームとケーシングを受注する見込みだとのことです。

このメタルフレームとケーシングを採用するのは2モデルだとのことで、iPhone Xの後継機ととiPhone X Plusでしょうか?

(via MacRumors