初代iPhoneからiPhone Xまでの全モデルのデザインを比較(動画)

初代iPhoneが発売されたのは2007年でした。(日本は未発売)

そのボディは丸みを帯び、次のモデルであるiPhone 3G。iPhone 3GSに引き継がれました。

iPhone 4からはエッジが角張ったデザインが採用され、それはiPhone 5Sまで続きました。再び、丸みを帯びたエッジを採用したのはiPhone 6 / 6 Plusでした。

iPhone 8 / 8 Plusは、そのデザインを踏襲しています。

10周年記念モデルとして発売されたiPhone Xのボディは、金属フレームで周囲を覆ったiPhone 4のデザインにも似ていると言われていますが、フレーム自体の質感はiPhone 3GSに近いように見えます。

iPhone Xは、これまで10年間搭載されてきたホームボタンが廃止された初めてのモデルです。

ビデオでは10年間のフォームファクタ変更の推移を見ることができます。

(via 9 to 5 Mac