Apple、watchOS 4.1を正式に公開!LTEによるApple Musicとラジオステーションのストリーミングが可能に

Appleが、watchOS 4.1を正式に公開しています。

watchOS 4.1のアップデートでは、LTE搭載のApple Watch Series 3モデルにストリーミングApple Musicコンテンツのストリーミングを直接サポートし、近くにiPhoneがない場合でもApple Watchの所有者がApple Musicを聴くことができます。

また、 Beats 1やその他のApple Musicラジオステーションへのアクセスを提供する新しいRadioアプリも含まれています。

watchOS 4.1の主な新機能や修正点は以下の通りです。

・Apple Watch Series 3で、Apple MusicまたはiCloudν十区ライブラリを使用してミュージックのストリーミングが可能
・Apple Watch Series 3で、新しいRadio Appを使用して、Beats 1でライブRadioや、カスタマイズしたステーションや、エキスパートにより厳選されたステーションの視聴が可能
・Siriを使用して、曲、プレイリスト、またはアルバムを、検索したり、見つけたり、再生したりすることが可能
。フィットネスデータをGymkitに対応しているトレッドミル、エリプティカル、ステアステッパー、およびインドアバイクと同期して、より正確な距離、およびインドアバイクと同期して、より正確な距離、ベース
およびエネルギー消費の計測が可能
・Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)で、コントロールセンタガーでWi-Fiネットワークからの接続解除が可能
・Apple Watch Series 1以降で、心拍数の通知機能が有効でないときに通知が表示されてしまう問題を修正
・一部のユーザで、スタンドのreminderが表示されない問題を修正
・一部のユーザーで、現在のスタンド時間が表示されない問題を修正
・消音アラームで、触覚による通知が行われない問題を修正
・Apple Watch(第1世代)で充電できない問題を対応
・日の出と日の入のコンプリケーションがときどき表示されない問題を解決
・中国のデフォルトの音声入力語を北京語に修復

その他にWi-Fiネットワークを保護するWPA2 深刻な脆弱性に対する修正が行われています。

watchOS 4.1は、iPhoneの「Apple Watch」アプリからダウンロードできます。「一般」 – > 「ソフトウェアアップデート」で唖アップデートを行います。