2018年に発売されるiPhone Xの後継機種にもTrueDepthリアカメラは搭載されない!?

GI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が、2018年発売のiPhone Xについて新しい予想を出しています。

Face IDに利用されたTrueDepthセンシングを利用したカメラを次期のiPhoneにおいて、現在のフロントカメラだけではなく、リアカメラまでに搭載するかどうかですが、これについてKuo氏は否定的です。

それはAppleがこの技術で他のスマートフォン目カーを1年以上リードしているため、あえて来年のiPhoneに搭載する必要はないと判断する可能性が高いことです。

また、TrueDepthカメラを2つ搭載すればiPhoneの製造コストが上昇すること、それにiPad ProにもTrueDepthカメラを搭載するため、部品の生産量を確保するが難しくなるためなど複数の理由が考えられます。

(via 9 to 5 Mac)