Apple、イメージ・センサー開発企業「InVisage」を買収か

Image Sensors Worldが、Appleによる「InVisage」の買収が7月に行われたという2人の匿名の情報源からの話を引用しています。

「InVisage」は、2006年に設立され、カリフォルニア州ニューアークに本拠を置くI企業です。同社はスマートフォンカメラの光検知機能を最大限に引き出す専用QuantumFilmレイヤーを備えた新しいイメージセンサーアーキテクチャを開発しています。

QuantumFilmピクセルのダイナミックレンジは3倍以上で、どんな明るさであっても、ほとんどの条件で「非常に詳細な画像」をキャプチャできるとのことです。

Image Sensors Worldは、Appleにようる買収について「InVisage」がベンチャーキャピタルのノキア・グロース・パートナーズとインターウェスト・パートナーズのポートフォリオに現在の投資先からはずれていることを一つの証拠としてあげています。

「InVisage」は、2月のウェブのアーカイブ比較すると、現在、ニュースページと従業員プロファイルのリストをWebサイトから削除しています。 Appleによって過去に買収された多くの企業は、Webサイトを簡素化したり削除したりしています。

LinkedInには、「InVisage」で働いていたAppleの従業員が今年の始めには2人しかいませんでしたが、その後6人になり、7月には1人が加わりました。その7月にAppleは「InVisage」を買収したと噂されています。

「InVisage」はカリフォルニア州に本社を置いていたましたが、10月上旬に合法的に解散しました。

Appleは、小企業の買収については正式な発表をしないので、今のところは推測ですすが、買収の可能性が高いようです。買収の目的は、そのイメージセンサー技術と人材の獲得だと思われます。

(via MacRumors