AppleのCOO、ジェフ・ウィリアムズ氏、TSMCの30周年記念式典で「AI」の重要性を語る!

AppleのCOO(最高執行責任者)、ジェフ・ウィリアムズ(Jeff Williams)氏、TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)の30周年記念式典で「AI」とそのツールとしてのスマートフォンの重要性を述べました。

Reuterによると、ウィリアムズ氏はAIはヘルスケア部門の変革を起こすレベルに達しているとし、スマートフォンは、その変革の重要なプラットフォームになると語りました。

同氏は、TSMCが主要なAppleサプライヤーとしての地位を獲得し、2010年にApple特注のチップ製造のために大規模な設備投資を行いリスクを負ったと述べ、TSMCのモリス・チャン会長を称賛しました。

Appleは、新iPhoneと新iPadチップの100%をTSMCに発注し、TSMCはこの11ヶ月間で90億ドルを投資しています。

(via 9 to 5 Mac