全米放送業者協会が、AppleのiPhoneにFMラジオ搭載を求める

アメリカでは、台風などの災害時の対応として連邦通信委員会(FCC)がAppleに対して、災害時の情報収集手段としてiPhoneの通信チップ内のFMラジオ機能を有効にするようにと求めていました。

Appleはこれに対して「iPhone 7とiPhone 8のモデルにはFMラジオチップがなく、FM信号をサポートするように設計されたアンテナもない」と述べていました。

これを受けて全米放送協会(NAB)iPhone 8を分解し、FMラ​​ジオを内蔵したBroadcomチップを使用していることを指摘しています。

もちろん、FMアンテナは装備していませんが、Androidスマートフォンの一部は、FMラジオを搭載しているので、FMラジオのハードウェアサポートとソフトウェアの搭載は比較的簡単と思われます

Appleは、以前、iPod NanoでFMラジオを提供してきました。FMアプリは、ライブのラジオを一時停止して最大15分間のコンテンツをバッファできる独自の優秀なNanoアプリでした。

FCCやNABから国民の安全のためとして、FMラジオ搭載を迫られているAppleは、この指摘にどう答えるのでしょうか。

Appleは、Apple Musicのリスナーを減らさないためにも、FMラジオ搭載は避けたいところですが、そうもいかないような情勢になってきました。

(via MacRumors