【Tips】使用しないアプリと楽曲を自動削除してiPhoneのストレージを節約(空き容量を確保)する方法

iPhoneやiPadを使用していると、ダウンロードしたアプリ・音楽・動画によってストレージが圧迫されて、新しいアプリのインストール時やiOSのアップロード時に空き容量不足のメッセージが表示される可能性が出て来ます。

それを防ぐために2つの設定を行うとストレージの空き容量を確保しやすくなります。

一つ目はiOS 11で登場した機能で、使用していないアプリの自動削除です。

使用法は「設定」アプリで「iTunesとApp Store」を開き、画面一番下の「非使用のAppを取り除く」のトグルをオンにしてください。

これで使用していないアプリが自動削除されますが、データは保持されるので、再インストールすると再び前のように使用できます。

2つ目は、楽曲の整理です。

方法は「設定」−>「ミュージック」−>「ストレージを最適化」で「ストレージを最適化」のトグルをオンにします。
そして、このトグルをオンにすると楽曲の「最小限の容量」が表示されるので、自分の好きな容量を選択します。

これを設定しておくとiPhoneの容量が少なくなってくると、iPhoneの空き領域を確保するため、しばらく再生されていない楽曲が「最小限の容量」まで自動削除されます。