Microsoftのパートナー、Samsung、Dell、 Lenovoなどが今後数週間でWindows VRヘッドセットを発売!

米サンフランシスコで開催されたイベントで、火曜日、Microsoftが複合現実と呼んでいる拡張現実(AR)やバーチャルリアリティ(VR)に関するが製品の発売が明らかになりました。

その製品は、MicrosoftのパートナーであるAcer、Dell、HP、Lenovoが10月17日に独自のWindows VRヘッドセットを発表する予定です。

AcerとLenovoの製品は、モーションコントローラ付きで399ドル(約45,000円)、DellとHPは、コントローラー付きで449ドル(約65,000円)です。

また、Samsungも11月6日にHMD Odyssey VRヘッドセットを発売する予定です。価格は499ドル(約65,000円)です。

ヘッドセットは、VRディスプレイを駆動するために必要なハードウェアがあれば、Windows 10 Fall Creators Updateを実行しているPCで動作します。

AppleもARとVRに力を入れてますが、Microsoftとスタンスが違い、iPhoneやiPadを利用した取り組みに力を入れています。

また、macOS High SierraではVRを活用するためにはほとんどのユーザーが必要とする外部グラフィックスカードをベータ版でサポートしています。

(via AppleInsider