Apple、写真と顔の解析を行うコンピュータビジョンのスタートアップ企業「Regaind」を買収

TechCrunchによると、Appleが写真と顔の解析を行うコンピュータビジョンのスタートアップ企業「Regaind」(フランス)を買収したとのことです。

Regaindは、画像から革新的な分析を行う技術を開発し「コンピュータビジョンAPI(Computer vision API)」として公開しています。これは最先端の人工知能を使って画像を分析し、分類することにより、企業や開発者が大量の画像フローを処理する作業を支援します。

コンピュータビジョンAPIを使用すると大量の画像の中から、写真の美しさ、鮮明度、露出、色などの特性を分析し、その情報を使用して最も関連性の高いものを見つけることができます。

また、写真の顔や、表示される人の性別、年齢、感情を検出することもできます。 AppleがすでにiPhone XのAnimojiのような顔認識機能にこの技術を使用している可能性があります。

AppleはRegaindの技術を使って、iOSの「写真」アプリ内の分類機能を改善することができます。これは、すでに人の顔やペットなどのカテゴリーに基づき、写真やビデオを自動的に分類していますが、さらに多くのものを分類できるようになります。

Appleは、いつもの通り小企業の買収に関してはコメントを出していませんし、メディアの質問にも回答しません。

(via MacRumors

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。