iFixit、Apple TV 4Kの分解レポートを公開!新たに排気用ファンを搭載

Apple製品など新製品の分解で有名なiFixitが、最新のApple TV 4Kの分解レポートを公開しています。

Apple TV 4Kで特徴的なのは、底部分にApple TV(第4世代)にはなかった排気口が設けられていることです。それだけ内部が高熱になるということです。

内部ファンは、筐体の幅に近い直径を持つ大きなファンで、8つの通気口から熱を排出します。このファンは交換可能だとのことです。

ロジックボード上には、Apple A10X Fusionチップとギガビットイーサネットコントローラが搭載されています。RAMは変わった構成で、2GBのRAMモジュールと1GBのRAMモジュールを使用して合計3GBのRAMを構成しています。

供給電源も消費電力が多いためにApple TV(第4世代)の12 V 、0.917 A から12 V、1.083Aへと引き上げられています。

iFixitは、Apple TV 4Kの修理しやすさの評価について10ポイント中8ポイントと評価しました。これはApple製品には珍しく、かなり修理しやすいというスコアです。

 

(via 9 to 5 Mac

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。