2018年の次期iPhoneのラインナップには、LCDの6インチディスプレイが導入され、OLEDもより大型化へ!?

スマートフォン利用者のニーズは、より大きなディスプレイにあるようです。Appleの今週末のiPhone 8 / 8 Plusの販売では、昨年と比較して、5.5インチディスプレイのiPhone 8 Plusの需要が高まっています。

The Bell(The Korea Herald経由)のレポートによると、来年のiPhoneのラインナップには6インチ以上の大型ディスプレイ(LCDモデル)を発表する予定だとのことです。

このサイズが現在のLCD iPhoneラインナップ(4.7インチと5.5インチモデルを含む)に追加提供されるのか、それともこれらのサイズを完全に置き換えるのかは不明です

今年の5月には、2018年のiPhoneについての噂が出始めでしたが、デバイスが5.28インチと6.46インチのOLEDスクリーンサイズになるとの情報が流れていました。その後のETNewsの報告によると、Appleは、5.28インチの小さなサイズを捨て、5.85インチと6.46インチのモデルに焦点を当てているとレポートしています。

The Bellも、Appleが5.28インチのOLED iPhoneの開発を中止することを決定し、より大きな、おそらく6インチ以上のLCDモデルをフルラインナップに追加することに決めたと述べています。

これらの情報をまとめると、来年Appleは、5.8インチのOLEDモデル、6.46インチのOLEDモデル、6インチ(またはそれ以上)のサイズを持つ少なくとも1つのLCDモデルを発売する可能性があります。

Appleは2018年のLCDのiPhoneスクリーンを、新たな大画面サイズ用のパネルオーダーを含むサプライヤーJapan Displayから引き続き調達する予定です。

業界関係者によると、5.28インチのiPhoneを止めるというアップルの決定は、「ビデオを見るための大画面人気」によるものです。 6.46インチのiPhoneは、Samsungの6.3インチGalaxy Note 8よりも大きくなります。

このことからAppleがすべてのモデルをOLEDに切り替える時期に関しては、2019年になる見込みです。

(via MacRumors

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。